太陽光発電、ソーラーパネルのレポート、レビュー(実際に購入、工事してもらい毎月どれくらい発電し、お金が発生するかの紹介)

この度、念願のマイホームも手に入れることが出来ました。そして最近世の中は太陽光ソーラーパネル、太陽光発電が非常に注目されています。
近所の家を見ると結構太陽光のパネルを着けている家があるはずです、前まで
  • 太陽光は高いし利益は出ても少なくて何年経てばプラスになるのか・・・
という良くある疑問と太陽光発電、ソーラーパネルのイメージでした。
私のマイホームは家を建てるときの信金からの借り入れで、太陽光まで着けると借りることが出来る資金を超えてしまい諦めていました、家を建て終わり落ち着いてきたところ担当の信金の方に聞いてみたところ太陽光発電のローンは結構簡単に借りることが出来るとのこと、それは太陽光発電は組んだローンが確実に返済出来て回収できるからだそうです。
そして太陽光発電で
  • 発電した電気を全部売る全量買取パターンと
  • 発電した電気をまずは生活の中で使用し、余った電力だけを売ることができる過剰電力買取パターン
私の場合はオール電化では無いので全部売る全量買取パターンになります、たまたま屋根の形がシンプルでサザエさんみたいな家の形だったのでパネルが沢山載ることが分かりました
友人の家は4kwで私の家もあまり期待していませんでした、見積もりを作ってもらったらなんとだったのです。
だったら毎月いくら発電して買い取ってもらったらいくらになるか、一年間毎月同じ発電量ではありません、例えば冬場はイマイチだけど夏場は冬場よりも2倍以上発電するのですが計算してみたところ平均してでした!
しかし太陽光のローンがあるので8割から9割はローンで消えると思っていたんです、シュミレーションでやってみたところ私の信金は金利が1.5パーセントで返済期間は15年、毎月のローン返済額は・・・
なんと!!つまり半分は残る結果になりました、残ったお金で電気代を払うなり水道代払うなり、ガス代の返済に回せばその分貯金できることになります。
15年のローンでも毎月太陽光の全量買取を貯金しておけば半分、10年以内で終わるかもしれません、ローンが終わったら平均5万円の買取金額が手元に来ることになります、半年全部貯金すればグアムとかいけますね。こんなおいしい話はなかなか無いので見積もりだけでもやってみる価値はあります、うちの太陽光の13KWまではいかないかもしれませんが損は無いと思います。
損だったら負け戦をしない銀行や信金はお金を貸してくれませんからねw


メール
相互リンク